lalala_title.jpg

 

〜〜仕事終わりに行列が出来るラーメン店へ〜〜
 

宣伝館 大阪本社の近くに行列ができるラーメン店があります。

 


 

「あいすべきものすべてに」という個性的な名前のラーメン店で、

いわゆる二郎系ラーメンのお店です。
 

二郎系ラーメンとは・・・
極太のわしわし麺、その麺を覆い尽くすほどモヤシ等の野菜が山盛りに盛られ、ニンニクや背脂などのトッピングを自由に増やせるのが特徴です。

 

 

かなりインパクトの強い見た目で最初は行列ができる理由がわかりませんでしたが、一度食べるとやみつきになり、また食べたくなるラーメンです。


とにかくリピーターが多く、常連の方が店主と話をしている光景をよく見かけます。
 

宣伝館大阪本社へお越しいただいた際にはぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

こちらは汁なしです。

汁なしにするとオニオンチップとブラックペッパーがトッピングされ、よりジャンク感が増します。

汁なしもオススメです。

 

 



突然ですが僕の座右の銘は「魚介豚骨Wスープ」

魚系の繊細なダシと動物系の力強いコク、相反する旨味が絶妙なバランスで合わさるスープは1+1=3、いや、それ以上の可能性を感じさせる言葉。
これは最近のいわゆるニューウエーブ系と言われるラーメンの主流であり、もはやスタンダードになりつつある魚介豚骨。そんな味を初めて知ったのが、

煮干しラーメン玉五郎。


(こちらは二代目黒門店)

初めて食べたのはもう10年近く前のことでしょうか。当時、東京ではメジャーになりつつあったWスープ、大阪ではまだ珍しく、また、煮干しを主役においたラーメンも今ではよく目にしますが10年前は見かけませんでした。

それから時は経ち、玉五郎は今では関西に14店舗、東京にも進出されさました。
http://www.genki-factory.com/shoplist/shopinfo/tamagoroh/kuromon/
ここ数年の自分のラーメンブームのルーツは玉五郎と言っても過言では無いと思います。
 


煮干しラーメン700円

じっくり煮込んだ豚骨スープに嫌味のない深い煮干しの苦味をパイルダーオン!
スープを一口すすれば煮干しの薫りは鼻から抜け脳内は煮干し祭り。

また、麺はツルッとプリッとしてモッチモチ。
強めのちぢれが効いた中太麺はスープをよく纏い唯一無二の味わい。

そして、チャーシューもトロっとろ。



あっと言う間にごちそう様でした(‘u’)


余談ですが今では玉五郎で修行された方々が独立されたりと、また新たな煮干しラーメンが台頭してきています。玉五郎よりもライトな感じであっさり目だったり、はたまた、より濃厚に仕上げて力強い進化を遂げていたり。
それらも大変美味しいのでまたいずれ紹介したいと思います。



宣伝館 大阪本社の近くで美味しいラーメン屋さんはありますか?
聞かれればラーメン部員は皆、声を揃えて
「ぐえもん!」
と答えるでしょう。

そう、なにわ最強醤油ラーメン
「金久右衛門(きんぐえもん)」です。



食べログ三年連続第一位!など
数々の美味い!の称号を手に入れてきた金久右衛門ですが
ここに新たに、
宣伝館ラーメン部 BEST OF 2015
『この一杯があるから頑張れる!』
の称号も加えたいと思います。

その一杯は、



「しじみゴールド 870円」

美しく澄んだ金醤油にしじみの旨味がプラスされたスープ。
すっきりした味わいからふわっとしじみのコクが広がり、
滋味深い味わいが体全体に染み込みます。

麺はつるつるしこしこの細麺で歯ごたえよく、気持ちよくスープがよく絡みます。
チャーシューは箸で持ち上げたら崩れるくら柔らかく、かつジューシー。
そしてキクラゲがアクセントになっていて、しゃっきり、コリッと食感が面白い。
あっという間に


ごちそうさまでした。


宣伝館本社へお越しの際は是非一度味わって頂きたい一杯です。

矢印金久右衛門 本店矢印

外観は大きな看板など無くシンプルで迷ってしまいそうですが


矢印この看板と醤油が出てたら営業されてます矢印

また本店は平日15時まで土曜16時までの営業ですので
時間には気を付けて行ってみてください。

今年もしじみゴールドに癒されるよう自分に鞭を打ち
仕事を頑張ろうと思うドMな部員002(M本)でした。
 


あけましておめでとうございます。
お正月はやっぱりおうちで雑煮にお節でのんびりと〜
ってもう飽きた!一月二日のお昼、いざ2016年麺始め!!

向かったのは難波の麺屋のりお。
こちらの難波中店は初訪問ですが船場店は結構行ってて
部員002(M本)お気に入りの濃厚鶏白湯と魚介のWスープ味です。



のりおと言えばこのupお箸浮いてる看板up
やっぱり難波にもありました。
写真だと分かりにくいですがお箸が上下に動いてます。
あー!早くすすりたい!!





難波中店はラーメンの種類も多く焼き飯もあるんですね。
濃厚どろ醤油らー麺も気になるけど、やっぱりいつもの


「特製らー麺 780円」

コラーゲンたっぷりの超濃厚鶏白湯のスープに魚介が合わさり、重層的で深みのある味に全粒粉の中細ちぢれ麺がよくからみ止まらぬ箸は表の看板状態!
またチャーシューは表面に焦げ目が付いてて香ばしく、半熟玉子が半分入ってるのも嬉しいですね〜
あっと言う間に完食。ごちそうさまでした。

今年も美味いラーメンに出会えますように。

 

 

俺たち!ら・ら・ら らーめん部!!

日々、データチェック、デザイン制作に勤しみ、広告業界に一石を投じ続ける宣伝館大阪制作部は男性3名在籍。

男、三人集まれば、自ずとラーメン談義に花が咲き、

いつの間にやら昼休みや仕事帰りにラーメンを食べに行っては

「やれ、あそこのスープは」

「やれ、ここの麺が」

「いやいや、グルタミン酸が」

「イノシン酸が!!」

と語りだし、いつしか彼らはラーメンを食べに行くことを部活と称し

ラーメン部と名乗るようになりました。

そんな部活報告を不定期連載していきたいと思います。

と言うわけで前置きが長くなってしまい、

「麺がのびるじゃないか」との声が聞こえてきましたので

記念すべき一杯目は、



大阪市玉造のラーメン人生JET600です。

ここは僕ラーメン部員002(M本)が宣伝館帰りに足繁く通う、まさにホーム。

思わず「ただいま!」と言いいそうになるのを飲み込みながらこの日も入店。

頼むのはほぼこの


「鶏煮込みそば」750
 

JETと言えばこの鶏煮込みそばです。

とろとろになるまで煮込んだ鶏ガラ白湯スープは

コクがはんぱなく、まろやか〜だけど

不思議としつこくは無くスープを飲むレンゲが止まりません。

某有名チェーン店のこってり、とは違うんですよね。

JETの鶏煮込みそばはスープと麺を同時に食べ続けたいと思うので

いつも麺を食べ終わると同じくしてスープもほぼ飲み終わります。

スープと麺(中太ストレート)そしてチャーシュー、アクセントに三つ葉、

全てのバランスが完璧なのです。

あっという間に



 

ごちそうさまでした(至福)。

M本はまた帰りにJETに寄ろうと思い今日も頑張るのでした。

1