『印刷用紙の〇〇kgって何?』
・・・よくある質問です。



コート53kgとかコート90kgとか、、、、、、
当然、体重ではありませんが、ある意味では紙の体重かも知れませんね。
 
kgと言う単位なのでまさに重さなのですが、紙が厚くなれば重さも重くなるので比例するって思っていただいても構いません。


要は〇〇kgの数字が大きくなるほど厚い用紙、
小さくなれば薄い用紙と覚えておきましょう。


明日のテストで出ます。


 

また、新聞折込チラシによく使用されるのは『コート53kgエクステンション

全国的に一番使用頻度が高く、宣伝館でもこの用紙を標準用紙として料金表を作成しております。

あと、数千枚のフライヤー等で一番人気なのは『コート90kgエクステンション
ポスティング・店頭置き・手配り向けの仕様です。
折込によく使用される「コート53kg」よりも数ランク厚くなっております。



 

ついでに〜
コート、マットってなんだ?って疑問にもお答えいたします。

コート紙
表面に塗料を塗った「塗工紙」のひとつ。表面に光沢が出るように加工されており、発色が鮮やかです。
オフセット印刷では一般的。

●マット紙 
同じく、表面に塗料を塗った「塗工紙」のひとつですが、表面に光沢がありません。
正式にはマットコート。コート紙に比べて、落ち着いた発色になります。
シックな色合いを表現したい時に。

ザラ紙 
表面に塗工のない、新聞紙のような質感の紙。コストパフォーマンスに優れています。
コート紙・マット紙に比べて刷り上がりの色が若干沈みますが、それを逆手にとって面白い表現も可能です。

上質紙 
いわゆるコピー用紙と同じですね。書き込みやスタンプがある時はこれがベストです。


紙といっても、種類は様々。
使用用途によってベストな紙を選択いただければと思います。

どれがいいのかわからない!!とのことであれば、何でも相談してください。
お客様のベストを提案いたします。


耳寄り情報

宣伝館特製の『用紙サンプル集』を無料でプレゼント!!

この用紙サンプル集があれば、紙の種類・紙の厚さが、見て・触って・匂って わかります。




ご希望の方は、コチラのお問合せフォームか、宣伝館にご連絡くださいませ。
 





「折込って何曜日が良いかな?」
・・・よくある質問です。


こればかりは我々が何年何十年経験を積んでも正確な答えは出せません。
当然、傾向やデータはあり、主婦向けのチラシは火曜・水曜とか、、、、大きな金額が動くものは土日とか、、、、、ただ、「ずっとこの曜日でやってるから」とか「なんとなく」「誰かに昔この曜日が良いって言われたから」と言うのであれば少しやり方を考えてみましょう。


 新聞折込はギャンブルの一面もございます。

一番良いと思われる日にいくらか賭けて、第2、第3候補にも少し賭ける感じで、〇曜日に2万枚、〇曜日に1万枚、〇曜日にも5000枚 と言うようにリスク配分?で折込することも可能です。
 曜日によって見る購読者層が全然違うってことも確実にあります。
 (事実、折込チラシを自宅で見るのは土日だけで平日は全く見れていないってことありませんか?)


当然、1日で折込しても、数日に分けたとしても折込の金額は全く同じ!!ある意味お得!!
「折込センター」という巨大な施設があってそこでチラシを保管してもらえますので便利です。


ここで小話を一つ。

あるお客さんが折込日の指示を間違えました。
こちらからも確認・念押しした際には、間違いない!と店長。
 (よくあるパターンで先月のカレンダーを見ていたようです)
折込日当日になって間違いが発覚!
すでに折込されているし特に期間が決まったチラシでもないので様子を見ようと言う事に・・・。

ところが結果は・・・過去最高の反響だったようです。
新規のお客さんが多く来てくれたと。
ミスに焦っていた店長がお客さんの多さに焦ったというお話でした。


やはり曜日を変えるだけで「客層」というかアプローチできる層も変わるもんです。
※但し、折込日の間違いは命取り!チラシに期間が入っていれば大惨事です!

今回のポイントは、「折込日は複数日に分けられる!少し試してみよう!」です。






普段は特に気にしていなかった折込チラシの周りの白いフチ・・・・
いざご自身が発注する時になるとはじめて気になった・・・って人、非常に多いんです。

白いフチのあるもの、ないもの
今回はその違いを説明いたします。


下記の画像にて見比べください。




●袋断裁
 絵柄(印刷されている部分)の回りに印刷されない白フチが残るタイプの仕上がりです。折込チラシとしては一般的です。 「輪転サイズ」とも言われたりします。



●化粧断裁
 用紙いっぱいいっぱいまで絵柄がくるタイプの仕上がりです。断裁という行程が増えるので、その分の納期(+1日程度)と別途料金が必要です。 正寸サイズとも言います。


 

要は大量枚数を印刷する大型輪転機では、どちらも印刷直後は白フチがある形で出てきます。
そこから、コストダウンやスピードを要すとなると白フチのある袋断裁のまま使用、どうしてもデザイン上の理由やこだわりで白フチは断裁したいとなると周りの白いフチを断裁する!となっております。


 

よく、大きさは同じで白いフチまで印刷しているほう?って言われたりしますが、それは間違いで白フチの部分を切っているので 化粧断裁のほうが一回り小さくなります。

 

私の全くの個人的意見ではありますが、「化粧」と言うと聞こえがいいのですが、費用と時間がかかるし、新聞折込されても一回り小さくなるし、デザイン制作においても少し制約もあるので・・・・・
 で、何よりも化粧して費用と時間をかけたからと言ってそのチラシの反響が上がった、集客できた、商品が多く売れたというお話は過去一度も聞いた事もありませんので正直あまりお勧めいたしません。
 (断裁機を販売されている方や断裁屋さんがおられましたら申し訳ありません。笑)

 

やはり、時間との戦いになる折込チラシ
 断裁に時間を取られる位なら、内容をよくよく吟味する時間に回した方が必ずいい結果が出ます。
 断裁料をかけるならその分少しでも枚数を増やした方がいい!と私(当然会社方針も)は強く思っております。



ちなみにこれは大型の輪転機でのお話で数千枚を刷るときに使用する「平版」と呼ばれる小型印刷機では「白フチ」の概念が無く基本的には全て化粧の仕上げとなります。その他、A4サイズなどのA判サイズ等も。




また、化粧断裁の場合はデータの作成におきましても注意点がございます。
詳しくは、
コチラ(データ入稿→『塗り足し(化粧断裁の場合)』) をご覧くださいませ。
 

『塗り足し』とは?

正寸(化粧断裁)でチラシを制作する場合、プリンター出力とは違い、実際の印刷では正寸サイズより一回り大きい用紙に印刷し、最後に正寸に断裁します。


A4サイズでデザイン作成した場合、A4ぴったりでデータを作成すると、断裁時のズレが発生した時、紙の白地が見えてしまいます。
せっかく綺麗にデザインしたのに紙の白地が見えては台無しですね。
このようなズレを防ぐ為に、仕上がりサイズから背景色や写真をはみ出してレイアウトし塗り足しを作ります。












最終的には断裁で切り落とされる部分ですが印刷物を綺麗に仕上げるには「塗り足し」を作るのはとても重要です。
また断裁時のズレにより重要な情報が切れてしまうのを防ぐ為、文字などは3mm内側に収めると安心です。


これらの「塗り足し」の処理は最初に作るのは簡単ですがデザインが完成してから「塗り足し」や文字を3mm内側に収めようとするととても困難な作業になりかねませんので最初に意識して作ることが重要です。


宣伝館では失敗しない為に
各種サイズのテンプレートを無料配布しておりますのでご利用頂ければ時間短縮とより良い印刷への近道になります。

 




キャッチコピーとは
消費者の心を掴むための印象的なうたい文句です。



何か告知をしたい時、みなさんはどのように宣伝しますか?



どうしても買って欲しいもの、知って欲しい物に力が入ってしまいがちになると思いますが、消費者の購買意欲をそそるモノは何も目玉商品だけではありません!!


実は広告紙面のキャッチコピーも非常に重要なのです!!
 


例えば、衣料系のチラシでしたらキャッチコピーで今だけ全品00%OFF」にすることで、もしかしたら以前から欲しかったあの商品も安くなっているかも?
と消費者の心理に働きかける効果があります。





 

実際に行って確かめてみよう!!

という購買意欲に繋がりやすくなるかと思います。


いつもと違った角度からの素敵なキャッチコピーが入ったチラシを宣伝館で制作してみませんか?


※反響の良かったデザイン例をHPに多数掲載しております。是非ご覧ください!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.sendenkan.com/design.html


デザイン制作について何か気になることがあれば

お気軽に宣伝館にご相談ください。